INFORMATION

インフォメーション

全国573市町村が参加する「2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合」が「ワンテーブル」と「ラカラジャパン」と共同で開始した、『インバウンド×キャッシュレス地域経済活性化最先端モデル事業』に協力企業として賛同いたしました
[ 2018.12.12 ]

Welltool株式会社は、弊社が提供する多言語化CMS「Wellpage」を使用し、店舗のインバウンド+キャッシュレス決済で「インバウンド×キャッシュレス地域経済活性化最先端モデル事業」に賛同いたしました。

市町村が「キャッシュレス化」で中国人旅行者を誘客、中国大手決済会社とモデル事業を開始へ

全国573市町村が参加する「2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合」は、宮城県名取市を拠点に地域創生事業をプロデュースする「ワンテーブル」と中国の大手電子決済プラットフォーム「ラカラジャパン」と共同で『インバウンド×キャッシュレス地域経済活性化最先端モデル事業』を開始いたしました。

訪日中国人をターゲットとし、現在課題となっている支払い方法を解決することで地方への誘客を進めていき、来年1月〜2月にかけて各自治体向けに研修を行い、モデル事業参加自治体を募集。当初は20市町村ほどで来年春からの稼働を目指します。

モデル事業のスキームは、首長連合とワンテーブルが提携し、ワンテーブルが全体のプロデュースを担当。

弊社では多言語HP作成ツール「Wellpage(ウェルページ)」を提供します。

スマートフォンでQRコードを読み取るとメニューや商品説明がユーザーの使用言語に合わせて瞬間で自動翻訳表示されるサービスです。

100ヶ国語に対応可能で、多言語での注文~キャッシュレス決済を可能にするデジタル・ソリューションです。

訪日外国人の方に、「言葉のおもてなし」をすることで、オリンピック・パラリンピックに向けて、インバウンド×キャッシュレス×多言語瞬間自動翻訳で地域経済活性化に貢献します。

プレスリリースはこちら